チーズのこと チーズのこと

チーズがどうやってできているか、チーズのなるほど知識~歴史までをご説明します! チーズがどうやってできているか、チーズのなるほど知識~歴史までをご説明します!

ナチュラルチーズができるまで ナチュラルチーズができるまで

ナチュラルチーズは牛乳などの生乳に乳酸菌とレンネットを加え、
水分を取り除いた乳固形分を発行熟成させて作ります。

  • 集乳

    集乳 集乳

  • 貯乳

    畜乳 畜乳

  • 殺菌

    殺菌 殺菌

    牛乳を加熱殺菌

  • カード製造

    カード製造 カード製造

    乳酸菌とレンネット(凝乳酵素)を加えます。

  • 成形・加塩

    成形・加塩 成形・加塩

    それぞれの大きさ、形に成形し、加塩します。

  • 熟成

    熟成 熟成

  • 包装

    包装 包装

ナチュラルチーズって何種類あるの?

世界中で1000種類以上あります。

ナチュラルチーズとは菌の力によって熟成させる発酵食品で、原料や製法、国、風土の違いにより、現在1000種類以上あると言われています。大きさや形、菌の種類、食べる時期などで味やにおいが変わる、いわば“生きている”食品。そのタイプは7種類に分類できます。

7タイプのナチュラルチーズ

  • フレッシュタイプ フレッシュタイプ

    モッツァレラ、マスカルポーネのように熟成させない生のままのチーズ。

  • 白カビタイプ 白カビタイプ

    カマンベールのように白かびを表面に植え付けて熟成。味、香りが変化する。

  • 青カビタイプ 青カビタイプ

    青かびが独特の香りと風味をうむ。別名ブルーチーズとも。

  • ウォッシュタイプ ウォッシュタイプ

    熟成の時に表面を塩水で洗うタイプ。独特の強い香りがする個性派。

  • シェーブルタイプ シェーブルタイプ

    濃厚でこくのあるやぎの乳からできたチーズ。見た目や形もユニーク。

  • セミハードタイプ セミハードタイプ

    水分量が少なく保存しやすいタイプ。くせのない味わいが世界中で人気。

  • ハードタイプ ハードタイプ

    水分量がとても少なくかたい。一年以上熟成させた大型のものが多い。