ENTRY

入社前までは消費者としてベビーチーズを
購入していた自分が作る側に立っている、
ということ、とても胸が高鳴る感覚です!

開発

2016年入社

製品開発部

H.S

現在担当している
仕事内容について教えてください。

現在担当している仕事

主にチーズ製品について、「アイディア提案から味づくり、製品化まで」を担当します。【アイディア提案会】ではメンバーから多種多様な案が出てくるので毎回刺激を受けています。どんな製品を発売するかが決まったら、担当者が【味づくり】を行います。【ラボレベルの試作】を何度も繰り返したのち、実際の製造ラインにスケールアップした【現場テスト】を行い、配合を完成させます。現場テストの際には生産部の方々から経験則を聞けたり意見をもらえたりするので勉強になります。そして最後に、製品包材裏面の【一括表示作成】にも携わります。そのため食品表示についての勉強も必要となります。
他には、食品企業の展示会に参加させてもらい、各社新製品をいち早く試食したりメーカーの開発者からお話を聞いたりする機会もあります。

一般的なタイムスケジュール

出社後メールチェックと、1日の流れの確認を行います。研究所での試作日であれば、午前のうちに配合(レシピ)を練って準備をし、昼から釜を回してチーズを作ります。その後は、当日行った試作の記録を行ったり、過去の試作品の官能評価やデータ整理を行います。スケジュール管理は基本的に個人に任されているため、柔軟性がある反面、効率良く仕事を進めるための振り返りが重要です。

他部門とのかかわり

予想以上に関わりが強いと感じるのはやはり現場の生産部の方々です。開発業務の中では、生産ラインに乗せるまでの間で何度もやりとりがあります。そのため、当たり前のことですが、自分自身でラインについてしっかり勉強し、試作の際は現場の方に対し効率よく説明や指示ができなければならないと感じます。他部署の方々と連携するために、積極的にコミュニケーションを取るようにしたいなと思っています。

仕事をしてみて知ったこと

六甲バターの商品群の認知度は様々である、ということです。ベビーチーズファンが多くいてくださることは以前から実感していましたが、「この商品は知らなかった!」と言われるものもまだまだあります。社内にいる私たちがどんなに味に自信を持っていても、お客様に伝わらないこともある、という難しさを知りました。販促に向けて営業とベクトルを合わせられるよう、商品を出すだけでなく、どのように広めていくかについても考えていきたいと思っています。

今の仕事の面白いところ

一番のやりがいは何と言っても、自分が携わった商品を食べた方から「おいしい!また食べたい!」の言葉をもらうことです。今これを書いている私は、ちょうど数日前にそれを実感したところです!初めて担当させてもらった商品がついに店頭に並び、家族や友人が手に取ってくれる姿を見たり、SNSで色んな方の反響を見たりしていると、ひとつ夢が叶ったなぁ…と嬉しくなります。少し前まで消費者としてベビーチーズを購入していた自分が今、作る側に立っているというのはとても胸が高鳴る感覚です。

仕事で失敗し、学んだこと

私の失敗は、「自分ひとりでやろうとして、結果的に周囲の方の仕事を増やしてしまったこと」です。2回目の現場試作の段取りの際、「だいたいの流れは頭に入っているから、これは頼らずに自分でするのが良いだろう。」と思い行動したのですが、私の説明不足で現場の方へ情報が十分に伝わらず、結果的に先輩と上司が現場に呼び出されることになってしまったことがありました。まだまだ経験が浅い今、チーム内で「報連相」をしっかり行うことは重要で、また、周囲の力を上手く借りることも必要であると反省しました。これは開発に限らず、仕事をする上での基本だと感じています。

これからの目標

まずは5年後「得意分野や強みを持つ社員」になることが目標です。少し抽象的ですが、入社2年目である今はこのような姿勢でステップアップしていきたいと思っています。
私は現在様々な製品の業務に携わって、勉強させてもらっているところですが、開発メンバーの中には「食品表示についてはこの人に聞きたい」「デザートの知識はこの人の右に出る者はいない」というような、特に強みとする分野を持っている方が多くいらっしゃいます。そして皆さんどんな時でも時間を割いて丁寧に教えて下さいます。従って5年後までには、自分がそんな風に周囲に頼られ、情報発信する存在となっていたいです。

職場の環境(雰囲気など)や帰宅後・休日の
過ごし方について教えて下さい

上司や先輩社員に教わったこと

「“チーム員”として何ができるか考えること」です。私の初めての開発業務では、目の前のことに夢中で周りが見えていないことが多々ありました。しかし今振り返るとチームの方々は、器用でない私の考えや状況を汲み取って、いつもそっと助けて下さいました。このように周囲を「助ける」ことは自分にはまだ難しいかもしれませんが、常に他の方がどんな課題に取り組んでいるか興味を持ったり、積極的に手伝ったりすることで、チームとしての仕事の成果に寄与していきたいなと思っています。

職場の雰囲気

研究所の雰囲気には、入社してすぐに驚いたのを覚えています。というのも、堅苦しいイメージとは大きく異なり、様々な意見交換などで常に活気があるからです。そのため、小さな疑問もすぐに質問しやすく、また、若手でも意見を言いやすい環境であると感じます。

平日の退社後の過ごし方、休日中に何か仕事に結びついたこと、思いついた事はありますか?

平日の仕事終わりは先輩方とごはんを食べに行ったり、時々、ランニングしたりして過ごしています。私は関東方面から就職してきたため、はじめは、私生活がどのようになるか不安もありました。しかし、若手社員の多くが職場の近くに住んでいるので、誘ったり声をかけてもらったりしやすく、とても居心地の良い環境だと感じています。

現在の就活生へメッセージ

学生時代から社会に出て自分が変わったと思う点

何事に対しても簡単に諦めなくなったと思います。これまでは与えられた選択肢の中で生きてきて、自信のない分野には遠慮がちで逃げ腰になることが多かったです。しかし「チーズという、多様な側面を持った素材で商品開発がしたい!」という、大雑把ですが壮大な希望を持ち、覚悟を決めて地元を離れてきたことは今の私の自信になっているのではないかと思います。

今の職場にこんな学生さんに来て欲しい

好奇心旺盛で明るい方に来ていただけたら嬉しいなと思います。 職場には、趣味を大事にしていたり、新しいことに挑戦したりしている方がたくさんいます。(私もそんな姿に触発されて、人生初のフルマラソンに挑戦したりもしました!!) そのような姿勢は仕事にも前のめりでいられる秘訣だと思います、お待ちしています!

学生時代にやっておけばよかったこと

海外旅行です!!繁忙期以外の比較的自由なタイミングで長期の旅行ができるのは学生ならではだと思います。また、もっと気軽に海外に行く勇気が持てるよう、学生のうちに英語の勉強を得意分野にしておけば良かったと感じています(笑)これに関しては、今からでも遅くはないので私も頑張ろうと思います!

六甲バターの魅力

「人と人の距離の近さ」だと思います。大規模すぎる会社ではないので、社員の顔と名前が一致するのはひとつの特徴です。仕事でもそれ以外でも、周囲を気に掛けて声を掛けて下さる方ばかりなので、自然と壁を作らずにいられます。あとは、これは個人的な感想ですが、目を細めて笑う表情がなんとなく皆、似ている気がして..それも良いところだなと思います!